女性が抱えるまつ毛の悩み

長いまつ毛は女性の憧れです。
ですが、多くの女性はまつ毛に悩みをかかえています。
【まつ毛の悩みTOP5】
・短い

・細い

・量が少ない

・抜けやすい

・角度が下がっている

日本人のまつ毛の長さは、平均で約6.8mmと言われていますが、欧米人は8.1mm、生える角度は、日本人は81度で、欧米人は102度というデータがあります。
日本人と欧米人のまつ毛を比較すると、その差はたった1mmちょっとですが、まつ毛が1㎜長くなると、印象は大きく変わります。また、日本人は欧米人と比較すると、まつ毛の本数も少なく、角度も下がり気味です。その結果、日本人はまつ毛がより貧相に感じられてしまうのです。

まつ毛というのは、そもそも「毛」なので、男性ホルモンの働きが大きく影響しています。
女性で男性ホルモンが多い人は、毛深く、髪が太くしっかりしていて、まつげがふさふさ、体毛が濃かったり、毛穴が開きやすく、顔が油分でテカりやすいという身体的特徴があります。
ですからまつ毛が短い、薄いなどは女性ホルモンが多いということでもあるのですが、やはりまつ毛は長く濃い方がいいというのが女性の本音でしょう。

まつ毛を長く濃く見せるためには、マスカラが一般的です。
またビューラーを使ってまつ毛の角度をあげたり、つけまつ毛やまつ毛エクステ、まつ毛パーマなど、現在ではさまざまな方法があります。

しかしこれらは多用してしまうとまつ毛や、ひどい場合には目元までも痛めてしまう場合もあります。
ビューラーでカールを作り、マスカラを根元からしっかり塗って、夜にはクレンジングで落とすというだけでもかなりの負担になってしまって、それが原因で抜けやすくなる、まつ毛がなかなか育たなくなってしまう、などということになってしまいます。

長くしたかったのに、傷めてしまっては元も子もありません。
それにこれらは一時的なものですし、マスカラやつけまつ毛は毎日の手間になってしまいますし、エクステはケアするのが大変です。

また「まつ毛貧毛症」というものがあります。
原因は主に4つ考えられます。

・1つ目 マスカラ、ビューラー、つけまつ毛、まつ毛エクステなどのまつ毛ケアによるダメージ

・2つ目 年齢によるまつ毛の太さ、長さ、濃さの減少

・3つ目 アトピー性皮膚炎、乾癬などの疾患によるもの

・4つ目 抗がん剤など使用しているお薬の副作用など

このような方は病院でも診察が可能です。

さまざまな原因から、日本人の多くの女性がまつ毛に関する悩みを抱えているのが現状です。

あなたも日常生活でまつ毛を減らしているかも?

日常に潜むまつ毛減少3行動。
まずはここから見直してみてください。

まつ毛が抜ける原因 ①クレンジング
まつげが抜けるのには色々な原因があります。
マスカラをたっぷり塗ったまつげを、クレンジングでゴシゴシ落とすとその刺激でまつげが傷んで抜けてしまいます。
また刺激の強いクレンジングもまつげが傷む原因になります。
それを防ぐには肌に優しいクレンジングをコットンに染み込ませ、優しく落とすという方法が良いです。
クレンジングはアイメイク専用の物の方が適切です。

まつ毛が抜ける原因 ②ビューラー
ビューラーでまつげを強く挟んだり、何度もカールしたりすると、その刺激でまつげが抜けてしまいます。
またビューラーのゴム部分を、定期的に新しく変えないのも原因になります。
ビューラーを使う回数を減らし、ビューラーのゴム部分は定期的に交換するのが良いです。
またホットビューラーやまつげパーマもまつげが傷む原因になってしまいます。

まつ毛が抜ける原因 ③その他
うつぶせ寝や目を擦るという行動も、まつげが摩擦で抜けたり弱ってしまいます。

つけまつげやまつげエクステの接着剤もまつげが傷む原因になります。
接着剤を着けるときだけでなく、外すときにも刺激を与えてしまうことになります。

また人間の毛はサイクルで自然と抜けてまた生えてきます。
さらに紫外線や加齢によってもまつげは弱くなります。

髪のケアのようにまつげのケアの仕方もあります。
それがまつげ育毛剤を使用するケア方法です。
ビューラーやマスカラ、紫外線などの刺激で弱ってしまったまつげを、強くし伸ばして増やす効果がある化粧品です。

まつ毛育毛剤について

まつげ育毛剤には様々な種類があり、スポンジチップや細筆、ブラシ、指先で塗るタイプなどがあります。

スポンジチップのものはリップグロスのような形で根元までしっかり塗れます。
しかしまつげエクステをしてる場合、チップがエクステに引っ掛かってしまうことがあるので注意が必要です。
細筆型は下まつげにも塗りやすいです。

ブラシタイプはマスカラを塗る要領で簡単に塗ることが出来ます。
しかし根元に塗るのは少し難しいです。
その多くがまつげとまゆげ両方に使うことが出来ます。
価格も1000円台~2万円程のものまであります。

効果を感じる期間は商品によって違いますが、早いものですと1ヶ月ほどの使用で効果が感じることが出来るものもあります。

成分はどの商品も似ていますが、ビマトプロストがまつげ育毛には欠かせない成分です。

ペプチドやその他成分は、コスメの延長で気休め程度の効果しか期待出来ないのが現状です。

まつげ育毛剤の使用方法はとても簡単で、さっとまつげに塗るだけです。
なるべく洗顔後皮脂や汚れが落ちた状態で使うことが望ましいです。

基本朝晩使用しますが、使用回数は商品によって異なりますが、毎日使うことが大事です。

まつげ育毛剤によっては目に入ると有害なものもあるので、適量を塗るようにします。

まつ毛育毛剤(美容液)の詳細はこちら

まつ毛育毛剤の購入方法

まつ毛育毛剤として有名なルミガンやケアプロストは基本的に国内の店舗で購入する方法はありません。

ルミガンは医者で処方してもらうことで手に入れることは出来ますが、これは緑内障などの治療薬としての処方のため、正常な方がまつ毛育毛のために手に入れることは出来ないでしょう。

こうなると手に入れる方法は海外医薬品の個人輸入しかありません。

インターネット上に海外医薬品の個人輸入代行サイトがあり、そういった通販サイトで購入することが可能です。

通販サイトを利用する場合、何年も前から運営されている実績のあるサイトもあるので、実際に購入するに当たってはこうした信頼できるサイトを利用するとよいでしょう。

まつ毛育毛剤(美容液)の購入方法の詳細はルミガン・ケアプロストを購入する方法をご覧ください。