ジェネリック医薬品とは

まつげ育毛塾

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは後発医薬品と呼ばれていて、主に処方箋対応の薬局などで手にする事が出来ます。

発売されてから一定の年月が経過して特許が切れた医薬品(先発薬)と同成分の薬を、他の製薬メーカーが別の名前で製造販売しているものを指しています。

先発薬と比較して割安で販売されている事から、その需要も高くなっています。

医薬品の開発には、長い期間と莫大な費用がかかるものです。

一つの化合物の薬効が確認されてから、医薬品としての認可を受けるまでには、様々な工程を踏んでその安全性を確認する事になります。
開発がスタートしても、それが実際に医薬品として世に出回るのはほんの一握りの化合物なのです。

だからこそ、新薬開発には経費がかかっており、実際販売される場合には、その分の経費も加算された額になってしまうのです。

それに対し、ジェネリック医薬品はこの研究開発に関する経費がかかっていません。
既に認可を受け、安全性も確認されている先発薬と同成分を製造する事になるので、その分割安で販売できるのです。
患者の立場からすれば、成分が全く同じなのであれば、少しでも安く購入できるジェネリック医薬品は大きな魅力です。

先発薬のルミガンと後発薬ジェネリックのケアプロスト

持病があって、生涯に亘り服用し続けなければならない薬があるという様な人にとっては殊更でしょう。

経済的に、患者側にとっては理想的なジェネリック医薬品ですが、実際にはまだ自分が処方されている薬に後発薬が存在する事を知らずにいる人も多いものです。
テレビCMや医療機関のポスターなどでの告知をされていますが、一般的に浸透するに至っていないのが現状と言えるでしょう。

診察を受けている段階で、医師から直接先発薬か後発薬かと問われれば後発薬を選択するケースも増えるのかもしれません。
ですが、現状では医師が処方する薬を当然のこととしてそのまま受け入れるケースもまだまだ多いのです。

医療機関によっては初心の段階で「後発薬を希望しますか?」というアンケートを受ける機関もありますし、薬局によっては薬の情報の中にジェネリック医薬品についての記載がある場合もあります。

インターネットなどで、自分が処方されている薬に後発薬が存在するかどうかを調べてみるのも良いでしょう。

自分が積極的にジェネリック医薬品を取り入れたちと考えるのであれば、医師にその事を伝えるのが一番です。
医師に対して意見している様で言いにくいと感じる人もいるでしょうが、患者の当然の権利であるため遠慮する必要はありません。
ちなみに、もうみなさんご存知かとは思いますが、ルミガンは先発薬にあたり、ケアプロストはジェネリックになります。